スポンサーリンク

【DQ2】ムーンブルクの王女にかけられた呪い【ムーンペタ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『DQ2』のムーンブルクの王女はハーゴンにより呪いをかけられてしまいました。

スポンサーリンク

「犬」に変えられた王女

*「くーん くーん。」

ムーンペタには話しかけると悲しそうな声を出す犬が着いてきます。
町から出たり、宿屋に泊まるといつの間にか元の位置に戻ってしまいますが何度話しかけても何回でも着いてきます。

この「犬」こそがムーンブルクの王女にかけられた呪いの正体です。

「ラーの鏡」を使用すると・・・

〇〇はラーの鏡を覗き込んだ。
なんと鏡は〇〇姫の姿を映し出した!
鏡が砕け散り姫にかけられた呪いが解ける!

この犬の前でラーの鏡を使用すると、ムーンブルクの王女にかけられた呪いが解けます。
ラーの鏡に関する情報は、廃墟となったムーンブルク城で手に入ります。

余談ですが、ラーの鏡が砕け散るのはシリーズでも非常に珍しい現象です。
恐らく所持アイテム枠を開ける為の措置だと思われます。

ムーンブルクの王女が加入

*「ああ 元の姿に戻れるなんて……。
もうずっとあのままかと思いましたわ。」
*「私はムーンブルク王の娘〇〇。」
*「私もあなた方の仲間にしてくださいませ。
共に戦いましょう!」

これで本作の仲間が全員揃いました。
ムーンブルクの王女を連れて、ムーンブルク王の人魂に会いに行くと台詞が変化(追加)します。

仲間にした直後に、その場で再度ムーンブルクの王女に話しかけると気が済むまで何回でも仲間に加入する際の演出を見ることが出来ます。
勿論意味はありません・・・

タイトルとURLをコピーしました