スポンサーリンク

【救助隊DX】あらゆる稼ぎプレイは「幻想海峡」のともだち救助で決まり!なワケ【やり込み】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』のクリア後に、お勧めのダンジョンは「幻想海峡」です。この記事ではお勧めの理由を挙げて行きます。

スポンサーリンク

「幻想海峡」出現条件の謎

解放条件を見たパートナー

クリア後に解禁される幻想海峡の条件ですが、特定のひとつのダンジョンをクリアしたら行けるようになる、といったタイプではないようです。条件として濃厚なルートを記載します。
これらすべてをクリアすることが条件だと現時点では思われます。

ストーリークリア後→嵐の海域→遠吠えの森→北の山脈→奈落の谷

願いの洞窟(20Fでチャーレム救出)→氷雪の霊峰(ゲンガーイベント)→闇の洞窟

大いなる渓谷(パッチールイベント後)→炎の大地→稲妻の大地→北風の大地→遥かなる霊峰→西の洞窟

ストーリークリア後→雷鳴の山→炎の山→樹氷の森→(奈落の谷クリア後)→銀の海溝→隕石の洞窟

この中で最も難易度の高いダンジョンは「銀の海溝」です。敵ポケモンのレベルは60あるので大体そのくらいのレベルは欲しいところです。

レベル引継ぎ・持ち込み可能なダンジョンなのでしっかりと準備していれば、もっと低いレベルでもクリアは可能です。
このダンジョンの敵は多くが水タイプのポケモンなので、ピカチュウなどの「ほうでん」を覚えられるポケモンを育てて行くと楽になります。

「幻想海峡」のここがすごい!

技マシン「ふぶき」が確定で落ちている!

真ん中は「ふぶき」

幻想海峡は25階層のダンジョンです。最後のB25Fはご褒美が落ちているエリアなので実質24階層となっていますが、そのご褒美の中に技マシン「ふぶき」が確定で落ちています。

上記画像の左から「だいもんじ」「ふぶき」「かみなり」の技マシンです。

ガツン系の道具が確定で落ちている!

上記の技マシンと同じエリアに、ガツン系の道具も確定で落ちています。ガツン系とは言わば技のドーピングが可能な道具で、ステータスのドーピング同様一度使えば永続的に効果を発揮します。

上記画像の左から「めいちゅうガツン」「いりょくガツン」「ピーピーガツン」の技マシンです。名前の通りですが、それぞれ技の命中率・威力・PP(技の使用回数)をガツンと上昇させる効果があります。

「ごうかなはこ」も5個確定で落ちている!

上述からすると少し見劣りしますが、豪華な箱も5個落ちているので「ホンキのチケット(各種)」や「にじいろグミ・DXグミ」といった育成に必要または便利な道具を手に入れるチャンスとなっています。

道中の難易度はあまり高くない!

幻想海峡に潜れるということは、銀の海溝をクリアしているはずなのでチームは十分鍛えられているはずです。階層も全25階(実質24階)と短いので周回もそこまで苦ではないはずです。感覚が麻痺してるかも・・・

ともだち救助で更に効率アップ!

お礼の一例

「ともだち救助」も行えるので、Nintendo Switch Online環境で遊べる人は更に効率的に稼ぎプレイを行うことが可能です。

ともだち救助はフレンド限定ではなく、インターネット上で救助依頼を受注して行けば誰でも救助へ向かうことが可能です。上記の画像のように、お礼の道具や救助ポイント・ポケ(お金)をついでに入手できます。
救助対象のチーム名が「NPCチーム」となっていますが、これはそのまんまNPCを救助したということです。

NPCとは「Non Player Character」つまりプレイヤーではなく・・・
今回の場合は開発側が用意した救助依頼ということです。

救助隊DXでは救助依頼を出しているプレイヤーが少ないときは、NPCチームを表示してくれるので、このシステムを逆手にとって、敢えてプレイヤーの依頼が少ないときに、幻想海峡のNPC依頼を受注します。
ともだち救助では最大12件の依頼を同時に受けられるので、理想としては幻想海峡の依頼を12個受けてから向かいたいところです。

これが毎回できれば・・・

ここで問題となるのは12件受注するまでに時間が掛かることです。いつでもどのダンジョンの依頼でも選んで受けられるものではないので、何度も何度も依頼を再検索していく必要があります。

平日の深夜など、人の少ない時間帯にプレイできれば
NPCチームの救助依頼を受注しやすくなります。性質上過疎れば過疎るほどやりやすくなりますが、それはそれで複雑ですね・・・。

救助隊ランク上げも可能だが・・・

上述の通りともだち救助を行うことで救助ポイントを稼げるので、救助隊ランクを上げるのにも適しています。ただ、どうしても作業的になってしまうので「幻想海峡は救助ポイント稼ぎと同時に色々な道具を稼げる」ことに魅力を感じなければ無理にやる必要はありません。

「清らかな森」なら、ともだち救助でも12件受注できるので楽しみながら救助ポイント稼ぎを行えます。清らかな森を遊ぶだけなら、道具稼ぎも無意味ですが。

清らかな森がレベルリセット&持ち込み不可のダンジョンなため。

道中は装備品・ふしぎだま系の道具が集めやすい

幻想海峡内ではB25F以外では、装備品(バンダナやメガネ)・ふしぎだま系の道具が多数落ちています。このダンジョンまで来れるようになっていれば、あまり必要のない道具も多いとは思いますが、何かと使うことのある「あなぬけだま」も集められるので意外と重宝します。

経験値も手に入る!

これは当たり前ですが、道中の敵を倒していけば経験値も手に入ります。チーム全員が部屋技を使えるようにしていれば、放流(作戦「むこうはまかせた」)するだけで結構な経験値になります。これを何周もして行けば決して馬鹿にはできません。

本作の経験値は、チームメンバーだけでなく救助隊キャンプで待機しているポケモンにも同等の経験値が入るので、色々な稼ぎプレイをしているついでに全仲間ポケモンも鍛えられるという訳です。

ステータスドーピングの道具も拾える!

こちらも当たり前といえますが、上記の画像のように道中の「キラキラゆか」に乗ることでタウリンなどのステータスドーピングの道具を拾うことができます。

幻想海峡(というか海系のダンジョン全般)では、通常の床自体が水で光っているのでキラキラ床を視覚では認識しづらいのですが、オート移動や仲間を放流(作戦「むこうはまかせた」)しているなら他の道具同様に優先的に拾ってくれます。

ステータスのドーピングだけが目当てなら・・・

ドーピングにはたくさんの数が必要になるので、大量に集めるつもりなら下記のリンク先の方が適しています。

あくまで「幻想海峡」で色々な稼ぎプレイのついでに行えるので、確かにお勧めではありますが。

小ネタ

たまに幻想海峡のB25Fで救援を待っているNPCチームを見かけます。B25Fは一種のご褒美エリアなので、敵ポケモンもいないのですが空腹で倒れたり自爆したり何かしら起きたのでしょう。

一応注意点として、B25Fで救援した場合でも「今すぐ帰還するか」聞かれますが、上記の画像のようにまだ道具を拾っていないのにも関わらず帰還しないようにしてください。当然拾う前に強制帰還となり勿体ないです。

ちなみに、B25Fで救助後に階段を下りて帰還しようとする時にも「これ以上依頼はないけど帰還するか」と聞かれて地味に鬱陶しいです・・・強制帰還でも階段で帰還しても結果的には同じことなので、「そんなことは聞かん(帰還)で良い!」

お後がよろしいようで。

タイトルとURLをコピーしました