スポンサーリンク

【ポケモンRSE・FRLG】めざせ「リボン」コンプリート!【第三世代リボン収集】

スポンサーリンク
ニューラ
スポンサーリンク

第三世代から追加された新要素「リボン」を集めて行きます。2020年10月22日現在、入手可能なリボンに限定しています。

この記事は『ポケモンコロシアム』でスナッチしたニューラを前提としています。
ポケモンによって取得できるリボンに一部違いがあります。

スポンサーリンク

挑戦前の準備

対象のポケモンはニューラで、可能な限りのリボンを集めたいと思います。

第四世代ではマニューラに進化させる予定です。

ポケモンは旧世代から新世代まで連れて行くことが可能な作品ですが、新世代から旧世代へ戻すことはできない(第一・第二世代は例外)ので、事前にその世代でやるべきことと新世代でやることを意識しておかなければなりません。

例えばニューラの場合、第三世代の時点で第四世代におけるマニューラへの進化の条件である「『するどいツメ』を持たせて20時~4時の間にレベルアップ」を意識してレベル99以下で第四世代に行くようにする、など。

第八世代(ソード・シールド)では「するどいツメ」を持たせたレベル100のニューラに対して「ふしぎなアメ」を与えることでマニューラに進化させることが可能となりました。

リボンのコンプリートを目指すなら、慎重に取得したリボンを確認しながらプレイすることを強くお勧めします。

第三世代で現在入手可能なリボン【全27個】

第三世代では27個のリボンを取得できます。

「ポケモンコロシアム・ポケモンXD」のリボン【2個】

2個のリボンを取得しました。

リボン1:ナショナルリボン

『ポケモンコロシアム』または『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』でスナッチしたのダークポケモンをリライブした時に取得しています。

このリボンの時点で第三世代のリボンをコンプリートできるポケモンが限られます。

リボン2:アースリボン

『ポケモンコロシアム』または『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』のシナリオ上で訪れるバトル山で、一人目から百人目までを一度も受付まで戻らず、かつ手持ちのポケモンをパソコンで入れ替えずに勝ち抜くことで取得できます。

これはGBAで捕獲したポケモンでも取得可能なリボンです。
禁止伝説と呼ばれるようなカイオーガやグラードンでも問題なく取得可能となっています。

「ルビー・サファイア・エメラルド」のリボン【25個】

25個のリボンを取得しました。

バトル関連のリボン

リボン3:チャンプリボン

元々の名称は「ホウエン チャンプリボン」でしたが、第六世代で「チャンプリボン」に改められました。
ポケモンリーグでチャンピオンを倒し殿堂入りすることで取得可能です。

ちなみにこのリボンは「ファイアレッド・リーフグリーン」でも取得できます。

リボン4:ウイニングリボン

バトルタワー レベル50を56人抜きした時に取得可能です。
リボン取得の対象となる、バトルタワーの8周目だけリボンを付けたいポケモンを連れて行けば良いです。もちろん8周目を勝ち抜かなければなりません。

「ルビー・サファイア・エメラルド」のバトルタワー レベル50は、レベルが50を超えると参加できなくなります。必ずレベル50以下の時に取得しておきましょう。

私はバトルフロンティア攻略後にプレイして取得しましたが、特にこだわりがなければ「ルビー・サファイア」のバトルタワーで取得した方が簡単です。
理由としては、「ルビー・サファイア」のバトルタワーはホウエン図鑑全202匹の中で禁止伝説のポケモンを除いたポケモンしか登場しないからです。

全国のポケモンが登場する「エメラルド」のバトルタワーより対処する相手の種類が減る上に、「ルビー・サファイア」のバトルタワーは「エメラルド」以上に不可解な行動をとることが多いです。

一説によると「ルビー・サファイア」のバトルタワーは技の選択をランダムで行っているという話があります。
実際にどうなのかは判りませんが、確かにそんな印象を受けました。

リボン5:ビクトリーリボン

「ルビー・サファイア」のバトルタワー レベル100か「エメラルド」のバトルタワー オープンレベルを56人抜きした時に取得可能です。
こちらも、リボン取得の対象となるバトルタワーの8周目だけリボンを付けたいポケモンを連れて行けば良いです。

もちろん8周目(56人抜き)を勝ち抜かなければなりませんが。

「ルビー・サファイア」では相手が必ずレベル100で、「エメラルド」ではこちらの手持ちの最大レベルと同じレベルのポケモンになります。
ただし相手の最低レベルは60なので、「ウイニングリボン」を取得したパーティのレベルを10上げて参加するのが無難だと思われます。

コンテスト関連のリボン

コンディションは性格によって上昇の際に違いがあります。

コンディションを上げるために、『ポケモンコロシアム』『ポケモンXD』で以下のレアな木の実を集めました。

  • リュガのみ ×2
  • カムラのみ ×3
  • ヤタピのみ ×2
  • ズアのみ  ×1

GBA版のポケモンは内部の電池が切れていると木の実が育たなくなりますが、上記の木の実は『ポケモンコロシアム』『ポケモンXD』を持っていればポケクーポンを貯めて引き換えることで、木の実を植えることなく増やすことが可能です。

地味に大変な作業になりますが。

はいいろポロック Lv61 ×6
はいいろポロック Lv60 ×2

これは上記の木の実をGBA版でNPC三人+プレイヤーで作成したポロックです。
ポロックのレベルとしては大したことはありませんが、これらのポロックで全コンテストを制覇することは可能です。

ただし第四世代のコンテストでは苦労するので、可能な限りより良いポロックを目指した方が良いのは間違いありません。

ニューラのコンディション

作成したポロックをすべて与えた後のコンディションです。
「かっこよさ」と「かわいさ」はバンダナをもらえるコンディション(200)を下回っていますが、問題なくコンテストは制覇できました。

「バンダナ」はカイナシティにあるポケモンだいすきクラブの会長からもらえる道具です。
対応したコンディションが200以上の時に話しかければ入手可能となっています。
これはコンテスト挑戦時に持たせていると対応した部門において有利になる道具です。

私のニューラでは3種類のバンダナしか貰えませんでしたが、残りの2つは他のポケモンのコンディションを上げて手に入れました。
バンダナさえ忘れずに持たせていれば、コンテストの一次審査は一位通過できると思います。
問題は二審査ですが、これは特にポケモンの種族によって戦法が異なります。以下はニューラの例。

  • つるぎのまい
  • れんぞくぎり
  • こごえるかぜ
  • カウンター

「つるぎのまい」→「れんぞくぎり」→「つるぎのまい」→「れんぞくぎり」→「れんぞくぎり」ですべての部門を突破しました。

「つるぎのまい」→「れんぞくぎり」はコンボになっているので、技がコンテストの部門に対応していなくても十分なアピールになります。自分のポケモンが使用できるコンボを見つけておくと一気に攻略が楽になります。

コンテストは同じ技を2回連続で使用するとマイナス修正されますが、「れんぞくぎり」のような「同じ技を2回使用してもマイナス修正されない技」を使用することで回避できます。

足の引っ張り合いになりがちなコンテストの二次審査では、相手のポケモンの行動次第で勝てたり勝てなかったりするので諦めずに何度か挑戦してみることが大切です。

コンテストに挑戦する前にミナモ博物館の二階に行き、館長の夢を聞いてあげてください。これがフラグとなって手に入るリボンが一つあります。
取り返しのつかない要素ではありませんが、事前にフラグを立てておくことでスムーズに集められます。

リボン6~9:クールリボン 4種

ポケモンコンテスト「かっこよさ部門」で取得できます。
各ランクを制覇することで4つ集められます。

リボン10~13:ビューティリボン 4種

ポケモンコンテスト「うつくしさ部門」で取得できます。
各ランクを制覇することで4つ集められられます。

リボン14~17:キュートリボン 4種

ポケモンコンテスト「かわいさ部門」で取得できます。
各ランクを制覇することで4つ集められます。

リボン18~21:ジーニアスリボン 4種

ポケモンコンテスト「かしこさ部門」で取得できます。
各ランクを制覇することで4つ集められます。

リボン22~25:パワフルリボン 4種

ポケモンコンテスト「たくましさ部門」で取得できます。
各ランクを制覇することで4つ集められます。

リボン26:ブロマイドリボン

どの部門でもいいのでマスターランクをクリアすると、謎の画家がポケモンの絵を描いてくれます。
その画家の問いに「はい」を答えることで「ブロマイドリボン」を手に入れることができます。

絵画のコンプリート

「ブロマイドリボン」は一度もらえばいいので特に関係のない要素になりますが、画家は全部門のマスターランクをクリアするごとに絵を描いてくれます。

クール
ビューティ
キュート
ジーニアス
パワフル

その他のリボン

リボン27:がんばリボン

努力値の合計が最大値(510)の時に貰えます。手持ちの先頭にしてカイナシティの「がんばりや」にいる女性に見せることで手に入ります。

第三世代のリボンコンプリート【合計27個】

他世代のリボン収集記事

タイトルとURLをコピーしました