スポンサーリンク

【ポケモンBW2】ポケウッドでスターの輝きを放て!【やり方解説】

スポンサーリンク
ポケスター
スポンサーリンク

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』には「ポケウッド」という施設があります。
映画作品に出演し、プレイヤー次第で成功・失敗・カルトエンドの三種類の内容で作品を完成させることができます。

スポンサーリンク

スターとは?

「カルトエンド」の作品を撮影すると、出演している自分のポケモンの頭上に星が輝くようになります。この星の正式名称が分からないが、英語での施設名が「Pokéstar Studios」なので、「ポケスター」や単純にハチクと同じ「スター」辺りが無難でしょうか。

スターになるとどうなる?

スターになると、バトル時にスターになっているポケモンを繰り出す度に、特殊なエフェクトが発生して頭上に星が輝くようになります。
これは場に出す度に輝くので、色違いのポケモンの色違いエフェクトに近いイメージです。

ポケスター

スターの獲得方法

ここではシナリオ攻略中に必ず挑戦することになる「ハチクマン」での獲得方法を紹介します。

ちなみに「ハチクマン」はシナリオ攻略時にクリアしているはずだが、もし完成した映画を観ていないなら、先に一度観ていないと撮影することができません。
一度グッドエンドでクリアした映画は自分のポケモンを出演させることができるようになるので、「ハチクマン」では既に条件を満たしているはずです。
スターにしたい自分のポケモンで再度「ハチクマン」を撮影しましょう。

「ハチクマン」クリア目標

「毎カット 相手を 倒せ」
これは言い換えれば毎ターン相手ポケモンを倒せば良い、ということです。

しかし、今回はカルトエンドを目指すのでこのクリア目標を達成してはいけません。

「ハチクマン」カルトエンドの条件

「ハチクマン」では最初のカットでコマタナと対峙することになります。このバトルでは1ターン目に補助技やタメが必要な技を使用してコマタナを倒さないようにしましょう。
「まもる」「つるぎのまい」「ソーラービーム」など、とにかくコマタナを倒さないようにするだけです。これでカルトエンドになります。

1ターン目終了時点で撮影が終わるので、あとは映画を公開すればその時点でスターになっています。映画を公開しレポートを書くと「映画を確認するか」などと聞かれるが、映画を観る必要はありません。
野生のポケモンでもトレーナーでも良いので条件を満たしたポケモンを戦闘に出すとスターとして輝いているはずです。

スターは消せる?

スターは基本的には消せます。バトルに出す度にエフェクトが入るので、気になる場合は気楽に消すことも可能です。
しかし、中にはスターを消せないポケモンも・・・

スターの消し方

ここでも「ハチクマン」でのやり方を紹介します。

スターを消したいポケモンで「ハチクマン」の撮影に挑戦し、今度はコマタナを1ターン目で倒します。適当な攻撃技で大丈夫です。コマタナのレベルは15なのでいくらでも倒しようはあると思います。
コマタナを倒すと撮影が進み、ハチクマンに「さあ! 覚悟は よいかッ!!」と聞かれるので、下画面の選択肢にある「ひー! 怖い!!」を選択します。

あとはハチクマンの繰り出す2匹目のポケモン・バルチャイを倒して撮影を終えるだけです。これでそのポケモンからスターの輝きが失われます。

スターを消せないポケモン

人からスターになっているポケモンを通信交換でもらっている場合、そのポケモンからスターを消すことができません。

スターは第六世代以降ではどうなる?

2020年11月24日現在、第五世代で取得したスターを以降の世代で確認することはできません。バトルに出しても輝くことはないです。
少なくとも第三世代から引き継がれているリボンとは全く違う性質のものとなっているようです。スターじゃないからと言って気にする必要はありません。

いつか第五世代のリメイクが発売された時に、ここで取得していたスターがどうなっているかが気になるところです。もしこれから第五世代で遊ぶことがあり、お気に入りのポケモンが居たらスターにしてあげるのも良いかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました