YouTubeチャンネル「ここれ家」
スポンサーリンク

【DBTB】フェーズ別目的「サバイバー編」【ドラゴンボール ザ ブレイカーズ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『DBTB(ドラゴンボール ザ ブレイカーズ)』には「サバイバー」「レイダー」という二種類の役割があります。

ゲーム内で確認できる「ゲーム概要」を基に「サバイバー」側のフェーズ別目的を解説します。

スポンサーリンク

探索フェーズでの目的

超タイムマシン起動キーを見つけ出す

起動キー発見

各エリアのアイテムボックスに一本ずつ隠されている「起動キー」を見つけ出します。
起動キーが見つかっていないエリアにあるアイテムボックスは、レイダーに注意しながら可能な限り開封しましょう。

起動キーは全サバイバーで共有しているので、起動キーを発見するだけでも味方に貢献できることになります。

起動キーを全て設置する(破壊されたエリアは除外)

起動キー発見前
起動キー発見後

起動キーを発見したエリアにある設置場所で、起動キーを設置します。
起動キー発見前は鍵のマークが地味に表示されているだけですが、起動キー発見後は別のエリアから見ても分かるくらい派手なビーム表示に変わります。

レイダーによって破壊されたエリアには行くことすら出来ないので、起動キーを探したり設置したりする必要はありません。

最後まで起動キーを設置できなかったエリアがレイダーによって破壊されたとしても、その時点で超タイムマシン起動システムは問題なく作動します。

防衛フェーズでの目的

超タイムマシン起動システムを守る

全エリアに起動キー設置後

全エリアに起動キーを設置することで、マップ中央に「超タイムマシン起動システム」が出現します。
この超タイムマシン起動システムを防衛することが主な目的となります。

起動システムを操作し続けることで、超タイムマシンの起動を早めることも可能

超タイムマシン起動システムを操作

超タイムマシン起動システムに隣接し、画面の指示に従うことで起動システムを操作することができます。
操作と言っても起動キーを差す時と同じボタンを長押しするだけです。

超タイムマシン起動システムはレイダーにとっても重要なので、画像のように近距離で起動システムを操作することになりやすいです。

画像のように、レイダーとサバイバーの間に超タイムマシン起動システムが来るような位置取りにすると、超タイムマシン起動システムがレイダーの攻撃からサバイバーを守る盾の役割を果たしてくれます(全ての攻撃に対して有効な訳ではないので注意)

レイダーが超タイムマシン起動システムを操作しているサバイバーを標的にした場合

他のサバイバーの援護

上述の通り、レイダーにとっても超タイムマシン起動システムは重要な物なので、何としても破壊しようとします。

ある程度の気弾・打撃攻撃は超タイムマシン起動システムを盾にすることで防げますが、接近戦を挑まれては厳しいので「ドラゴンチェンジ(チェンジパワーが溜まっている時に「Rボタン」)」などでレイダーを妨害しましょう。

状況次第ですが、超タイムマシン起動システムを操作しているサバイバーが交互に一人ずつドラゴンチェンジを使って時間を稼いだり、いっそのこと全員で攻勢に出るのも有効です。

脱出フェーズの目的(起動システムが破壊された場合)

脱出用タイムマシンを呼び出し、脱出する。

呼び出しビーコン

超タイムマシン起動システムの防衛に失敗するか、サバイバーの数が三人以下になると呼び出しビーコンが出現します。

呼び出しビーコンの位置は青いビームが目印になりますが、この目印はレイダーからも見えているので容易には脱出用タイムマシンを呼び出すことができません。

仲間を囮にして自分だけ脱出しても良いし、生き残った仲間全員で脱出を計っても構いません。
ただし、注意点として脱出用タイムマシンが破壊された場合はその時点でサバイバーの逃げる手段がなくなってしまいます

仲間を置き去る、または置き去りにされても再度脱出用タイムマシンを呼び出すことができるので、仲間を乗せる余裕がない時は迅速に一人ででも逃げることをお勧めします。

探索フェーズ中に脱出用タイムマシンが破壊されるとサバイバーの敗北となりますが、防衛フェーズ中に脱出用タイムマシンが破壊されても超タイムマシン起動システムが破壊されない限りは敗北とはなりません(超タイムマシン起動システムも破壊された場合は敗北)

【ドラゴンボール・ゲーム】再生リスト

タイトルとURLをコピーしました