YouTubeチャンネル「ここれ家」
スポンサーリンク

【DBTB】アイテムなどに目印を付けたり、ちょっとした意思表示ができる基本操作「シグナル」について【ドラゴンボール ザ ブレイカーズ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『DBTB(ドラゴンボール ザ ブレイカーズ)』には「シグナル」という基本操作があります。

スポンサーリンク

基本操作「シグナル」とは

基本操作「シグナル」

拠点にある「マニュアルロボ」で確認できる基本操作の中に「シグナル」というものがあります。

重要度が非常に高いので是非とも使いこなしましょう。

「シグナルメニュー」でできること

シグナルメニュー(L長押し)

簡素ながらサバイバー同士で意思疎通を図ることができます。

内容は「賛成!」「ここは任せろ!」「逃げよう!」「闘おう!」の四種類です。

シグナルに対して返答ができる

「逃げよう!」のシグナルに反応

仲間が出したシグナルに対して画面中央のポインターをしっかりと合わせてから、シグナルメニューを出して指を離すことでシグナルとの距離を問わず返答ができます。

再度同じ操作をすることで返答を取り消すことができます。

「シグナルメニュー」を出した後で、画面中央のポインターを仲間が出したシグナルに合わせてから指を離しても返答ができるので自分のやり易い方でやってみましょう。

短押しでアイテムにピン(目印)を刺せる

画面中央のポインターがある程度離れていても反応する

画像のように、ある程度画面中央のポインターが対象物(アイテム・乗り物・自販機など)から離れていても、シグナルボタンを短押しすればピンを刺せます(対象物に対する「拾う」などのアクションが表示される距離まで近付けばより確実)。

「短押し(Lボタン)」は「シグナルメニュー」が出ないくらい一瞬押す程度で構いません。

「シグナルメニュー」を出して、画面中央のポインターをピンを刺したい対象物(アイテム)に合わせて指を離してもピンを刺せるので自分のやり易い方でやってみましょう。

目視できていない対象物にもピンを刺せる

適当に短押ししたら刺せてしまった…

全く目視できていない対象物に対してもピンを刺すことができます。

上手く使いこなせれば、これから行くエリアにまだ乗り物や自販機が残っているかを遠くから確認することができるかも…知れません。

移動しながらピンを刺せる

徒歩・乗り物での移動に関わらず、足を止めることなくピンを刺せます。

仲間がピンを刺した対象物に対して返答ができる

ある程度距離が離れている時は「シグナルメニュー」を出す必要がある
至近距離なら短押しで良い

仲間が刺したピンに対して画面中央のポインターをある程度合わせてから、シグナルメニューを出して指を離すことで指されたピンとの距離を問わず返答ができます(至近距離にある場合は、短押しでも可)。

返答をすることで自分がその対象物を欲しがっていることを仲間にアピールできますが、他のサバイバーも問題なく拾えるので、どうしても欲しいアイテムは迅速に拾いに行きましょう。

再度同じ操作をすることで返答を取り消すことができます。

「シグナルメニュー」を出した後で、画面中央のポインターを仲間が刺したピンにある程度合わせてから指を離しても返答ができるので自分のやり易い方でやってみましょう。

シグナルが消えるまでは誰が出したシグナルか判る

シグナルが出た直後は誰が出したのかすぐに判るが…

仲間がシグナルを出した直後は、画面右上の方に誰が出したのか判るようになっています。

画面右上の表示が消えた後はどこで判断する?

シグナルをよく見ると…

シグナルの表示をよく見ると、一本の長い棒六本の短い棒状のゲージが確認できると思います。
これで誰がシグナルを出し、誰がそれに返答を出したかが判断できます。

ここで表示されている長い棒がシグナルを出したサバイバーを指します。
今回の例でいうと「サバイバー2」の出したシグナルという事になります。

短い棒で誰が答えたか判る

答えてみた

「サバイバー5」の管理人が答えてみました。

短い棒状のゲージの上から5番目が点灯したことで、「サバイバー5」が答えたことが分かります。

【ドラゴンボール・ゲーム】再生リスト

タイトルとURLをコピーしました