スポンサーリンク

【トルネコ2】かなしい巨人の話【動画あり】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『トルネコの大冒険2』の小さなメダルを貰える連続会話イベントの一つを紹介します。

スポンサーリンク

都を救った男

都に現れたドラゴンを討伐するために、家ほどもある大きな体のギーガという勇敢な男が立ち上がった。
大きな剣と盾を持ち、大きな鎧と兜を身に纏ってドラゴンに挑んでいった彼は人々の最後の希望だった。

しかし、見事にドラゴンを討ち倒したギーガのその後は悲惨なものだった。

平和を望むと言いながら敵が居ないと纏まることが出来ない。
そんな人間たちはドラゴンが討伐された途端、ギーガを化け物だと言い始める。
英雄となってから一夜明けて都から追い出されたギーガは、一人で山奥へ分け入り涙を流した。

その後

年老いた男が山をゆっくりと下りてくる。
どこにでも居そうな老人だが、その体だけは違っていた。

老人は古びた地下墓地を一歩一歩静かに下りて行った。
その後ろ姿を見つめる村人たちは、囁くように言い合った。

「あれはドラゴンを倒した・・・」
「あの男が山を下りて来たんだ」
「でもどうして墓地に?」
「まさか・・・死ぬつもりじゃ?」

その大きな体の老人は二度と地上へ戻ってくることはなかった。

当時の目撃者(?)

自称何百年も咲いている花が言うには、お墓参りに行く人が以前に比べて増えた、それは村の人たちは何だかんだ言ってもギーガを英雄だと思っているから。
当初は人間の態度に「キレちゃった」らしい花も、これには思い直したらしい。

ちなみに・・・

花「まあ アタシは花だからさ
キレたって言っても別にどうってことないんだけどね。」

だそうです。

巨人で「ギーガ」と言えばギガンテスが仲間になる作品でのデフォルトネームですが、関係性は不明です。

【トルネコ2・かなしい巨人の話】動画

【トルネコ2】かなしい巨人の話【会話イベント】

【トルネコ・小ネタ】再生リスト

【トルネコ1】オープニング・プロローグ【トルネコの大冒険】
タイトルとURLをコピーしました